むちうち関連障害

♯むちうち関連障害
・交通事故やスポーツ事故など、衝突時の急激な
 加速/減速による頸椎の外傷
・最も多いのは自動車の追突事故
 まず頸椎の過伸展→次に過屈曲
・椎骨、靭帯、関節、椎間板などが損傷を受ける
・心理的、社会的因子が複雑に交錯し長期化する
・頸部痛、頭痛、上肢の症状、腰痛、倦怠感
 聴覚障害、視覚障害、顎関節症状、精神症状など

治療
・装具療法、運動療法、理学療法
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、筋弛緩薬
 抗不安薬、三環系抗うつ薬、プレガバリン
・神経ブロック療法
 トリガーポイント注射(ステロイド含む)
 星状神経節ブロック、胸部交感神経ブロック
 硬膜外ブロック、腕神経叢ブロック
 神経根ブロック、後頭神経ブロック
 C2後根神経根ブロック、椎間関節ブロック
 後枝内側枝高周波熱凝固法
・手術療法
・認知行動療法


関連記事

  1. 半月板損傷

  2. 頸髄症

  3. 頸椎手術後症候群

  4. ストレートネック

  5. 上腕二頭筋長頭腱障害

  6. 肩関節周囲炎