オスグッド・シュラッター病

♯オスグッド・シュラッター病
・ジャンプやボールのキックなどの過負荷で生じる
・膝蓋腱の脛骨付着部に炎症、剥離が生じる病態
・成長時は同部が軟骨で弱いため生じやすい
・「成長痛」と放置されることがある

治療
・運動療法
 症状に合わせて適度な運動量に抑える
 ストレッチ、ベルト
・薬物療法
 湿布、NSAIDs、アセトアミノフェン


関連記事

  1. 変形性股関節症

  2. 低脳脊髄圧性頭痛

  3. 腰椎すべり症

  4. 三叉神経痛

  5. 肘部管症候群

  6. 痛みの治療は日常生活とトレードオフの関係です