オンライン診療について

厚生労働省より以下の様なご案内があります。
クリックで拡大↓

厚生労働省のページはこちら

厚生労働省の案内では明記されていませんが、

オンライン診療には現在3つのパターンがあります。

①狭義のオンライン診療

②臨時で行う電話等再診

③新型コロナ対策でさらに臨時で行う電話等再診

以上です。※数字は当院の勝手な割り付けです。

①~③を患者さんが特に気にする必要はないですが

長期間にわたって定期通院の代わりにできるのは

①のみです。

これまでも、交通手段の都合などにより通院が

困難な時は②の電話等再診で実際に通院せずとも

受診することができました。

現在は新型コロナ対策で初診でも電話等診察が

可能など臨時的に要件が緩和、変更されています。

それが③のパターンだと考えて頂くと良いです。

正確には①②の要件が臨時で変更になっている

ということです。ですので、

オンラインでの診療が受けやすくなりますよ!

とは言うものの、新型コロナが終息するまでの

臨時措置となる可能性があるので注意が必要です。

①の狭義のオンライン診療を行うには病院側の

届け出が必要です。(※当院は届け出済みです。)

さらにビデオ通話である必要があります。

患者さん側も一定の期間通院の履歴があるなど、

本来のかかりつけである必要があります。

②の電話等再診は臨時的に行うものですが、

必ずしもビデオ通話である必要はなく、

電話で可能です。

さらに、患者さん側の要件も特にありません。

③では新型コロナ対策として、初診でさえ電話で

可能となりました。

よって、ビデオ通話である必要性はないですが、

電話のみで初診を行うのは、実際の運用としては

困難があると考えます。

①~③とも対応するかどうかは各病院の裁量です。

また、対応される場合であっても、どの様な要件で

オンライン診療を受けるかで診療報酬も違います。

ご興味、ご希望のある方はお問い合わせ下さい。

当院でのオンライン診療について→

関連記事

  1. オンライン診療について

  2. 開業初年が終了しました!ご来院下さいました皆さま、ありがとう…

  3. 構造見学会のお知らせ

  4. 近赤外線治療(スーパーライザーPX)を導入します

  5. 健康診断一覧

  6. 病院の代表メールアドレス取得しました