コロナワクチンとカロナール(アセトアミノフェン)

※ご注意
当記事は公開後から数万人の方にアクセス頂いております。あくまでも当院で予防接種を受ける方に向けて書いた内容であり、広く医学知識を提供する目的はございませんので予めご了承下さい。また、個別接種会場となっている医療機関様におかれましては、個々の判断でアセトアミノフェンをご準備下さいますようお願いいたします。

コロナワクチンでは様々な副反応のお話が出ていますが、特に多いのは筋肉痛と発熱です。接種後の死亡事例も報告がある様ですが、因果関係までは存じ上げません。
情報検索や、実際の接種会場での経験を踏まえ、当院では発熱に対しアセトアミノフェンの使用が最も推奨されると考えています。ロキソプロフェン(いわゆるロキソニン)などのNSAIDsと呼ばれる消炎鎮痛剤も使用は問題ないとされていますが、ワクチン接種は免疫応答を及ぼすのが目的であるため、免疫応答を減弱させるNSAIDsよりは、そういった消炎作用の少ないアセトアミノフェンの方がベターと考えます。そこで当院はアセトアミノフェンの解熱鎮痛剤をお渡しできる様にいたします。
当院の発熱外来では平素から解熱剤としてカロナール(アセトアミノフェン)を処方しています。従来からアセトアミノフェンが処方されてきたのは、感染に対する免疫応答を邪魔せずに解熱することができるからです。

関連記事

  1. シマトネリコが紅葉?

  2. インフルエンザもチラホラと聞くようになってきました

  3. タウン情報まつやま3月号に掲載されました

  4. 小豆島に行って来ました!

  5. 医療用テントを新設しました

  6. 注射による治療の意味