三叉神経痛

#三叉神経痛
・激しい発作性の疼痛が三叉神経領域に生じる
・発作間欠期には疼痛が全くない
・顔面(頭部)、口腔、鼻腔の痛みを生じる
・特発性と二次性(症候性)に分かれる
・特発性:三叉神経が血管により圧迫されて発生
・二次性:脳腫瘍や帯状疱疹などが原因となる
・触れると激痛を誘発するトリガーポイントがある
・三叉神経には第1枝、第2枝、第3枝があり、
 それぞれ、もしくは合併して障害される

治療
・薬物療法(特有のガイドラインあり)
 カルバマゼピン(抗けいれん薬)
 ラモトリギン、バクロフェン
 フェニトイン、リドカイン静注
 漢方薬(五苓散、小柴胡湯、柴胡桂枝湯)
・神経ブロック療法
 眼窩上神経ブロック、眼窩下神経ブロック
 上顎神経ブロック、オトガイ神経ブロック
 下顎神経ブロック、ガッセル神経ブロック
 以上を障害部位に応じて選択実施
・手術療法
 微小血管減圧術(唯一の根治的治療)
・ガンマナイフ療法


関連記事

  1. 緊張型頭痛

  2. 肋骨骨折

  3. 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

  4. ベーカー嚢胞

  5. 反復性肩関節脱臼

  6. 当院のブロックや内服薬が効かない場合