化膿性脊椎炎

♯化膿性脊椎炎
・脊椎に細菌感染を生じた状態
・手術や外傷などによる直接感染や血行性感染
 周囲組織の感染から波及することもある
・発熱、安静時痛、圧痛、叩打痛など認める
・硬膜外膿瘍など併発すると神経症状も生じる
・原因菌が結核の場合、結核性脊椎炎と呼ぶ

治療
・感染症治療(抗菌薬を最大量、4週間以上)
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、オピオイド
・手術療法
 硬膜外膿瘍など形成した場合


関連記事

  1. ベーカー嚢胞

  2. 低脳脊髄圧性頭痛

  3. 坐骨神経痛

  4. 肋骨骨折

  5. 内側側副靭帯損傷

  6. 滑液包炎