変形性膝関節症

♯変形性膝関節症
・関節軟骨の編成を基盤とした非炎症性疾患
・こわばり、立ち上がりや長時間歩行時の疼痛
・歩行や階段昇降で持続痛が生じる様になる
・内側変形が多数を占めるため、痛みも内側が多い
・靭帯や半月板の疾患と鑑別が必要
・進行すれば手術適応

治療
・神経ブロック療法
 膝関節穿刺、注射(ステロイド含む)
 維持療法ではヒアルロン酸
 トリガーポイント注射(圧痛部)
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、オピオイド
・理学療法、運動療法
 サポーター使用、筋力強化、歩行訓練
・手術療法
 膝関節置換術


関連記事

  1. 滑液包炎

  2. 肩関節炎

  3. 化膿性脊椎炎

  4. 治療法別適応疾患ガイド

  5. 注射による治療の意味

  6. 頸椎症性神経根症