帯状疱疹の患者さんが増えているそうです

昨年から帯状疱疹の患者さんが増えていると聞きます。
当院にも帯状疱疹の患者さんが多数受診されています。
国の統計などではないですが、薬屋さんのお話だと帯状疱疹の薬の注文が増えているそうです。なるほどね。
真っ先に思いつくことは、そうです新型コロナですね。
この一年、自粛生活を余儀なくされましたし、仕事や収入で不安やストレスを抱えた方も多いと思います。
帯状疱疹の原因はウイルスですが、そのウイルスは既に体内にいて潜んでいます。そして免疫力の低下した時に悪さを始めるのですね。ではなぜ免疫力が低下するのか?それがコロナ禍の生活そのものから来ている、ということでしょう。
新型コロナの影響で、心身ともに健康的な生活を送れなくなっているのだと思います。手洗いうがいの励行でインフルエンザを含め様々な感染症が減り、年間の死者数も減ったそうですが、一方で帯状疱疹は増えているのでしょう。
帯状疱疹は早期発見早期治療が大切です。そして残った痛みは我慢せずに医療機関を受診しましょう。帯状疱疹後神経痛のお薬はどこの病院でも処方可能です。神経ブロックを要する様な場合はペインクリニックなどが良いと思います。
帯状疱疹は皮膚疾患としての病名です。しかし本態はウイルスによる神経と皮膚の破壊です。皮膚が治っても痛みが残るのは神経の損傷が原因と考えられます。残った痛みには、皮膚の治療ではなく神経に対する治療が必要ということですね。
なお、帯状疱疹後神経痛は何年経っていても治療する価値はあると思います。諦めずに医療機関へ相談しましょう!

関連記事

  1. 内側側副靭帯損傷

  2. 腰椎椎間板ヘルニア

  3. 術後慢性疼痛

  4. 反復性肩関節脱臼

  5. ストレートネック

  6. 顎関節症