帯状疱疹後神経痛

♯帯状疱疹後神経痛
・帯状疱疹による炎症で神経に障害が残り生じる
・炎症が高度である場合に生じやすい
・帯状疱疹発症後3-6か月経過したものと定義される

治療
・神経ブロック療法(部位に応じて)
 星状神経節ブロック、肋間神経ブロック
 頸部、胸部硬膜外ブロック、腰神経叢ブロック
・薬物療法
 抗ウイルス薬(早期)
 NSAIDs、アセトアミノフェン、プレガバリン
 三環系抗うつ薬、オピオイド、抗てんかん薬


関連記事

  1. 頸髄症

  2. 開胸術後疼痛症候群

  3. 化膿性脊椎炎

  4. 腱板炎

  5. オスグッド・シュラッター病

  6. 帯状疱疹の患者さんが増えているそうです

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事