強直性脊椎炎

♯強直性脊椎炎
・脊椎関節症の一つ
・脊椎や仙腸関節で慢性炎症による骨新生が生じる
・進行すると特徴的なX線所見を示す
・腰部仙骨部の疼痛が生じ、寛解するが徐々に増悪
・進行すると脊椎の強直による可動域制限が生じる

治療
・薬物療法
 NSAIDs、TNF-α阻害薬
・運動療法
 姿勢改善、深呼吸、水泳
・神経ブロック療法
 椎間、仙腸関節ブロック


関連記事

  1. 帯状疱疹後神経痛

  2. 腱板炎

  3. 術後慢性疼痛

  4. 股関節周囲炎

  5. 特発性尾骨痛

  6. 胸椎椎間板ヘルニア