癌性疼痛/癌性胸膜炎

#癌性疼痛/癌性胸膜炎
・悪性腫瘍が胸膜、胸壁、硬膜外腔、神経根等を
 浸潤、圧迫することで生じる。
・原因や部位が明確な場合、神経ブロックが有効

治療
・神経ブロック
 胸部神経根ブロック、肋間神経ブロック、硬膜外ブロック
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、オピオイド
 ビスホスホネート(骨転移)
・放射線療法
・手術療法
 椎体の固定や再建、神経の除圧等


関連記事

  1. 変形性膝関節症

  2. 変形性股関節症

  3. 頸椎後縦靭帯骨化症/黄色靭帯骨化症

  4. オスグッド・シュラッター病

  5. 腸腰筋膿瘍

  6. 開胸術後疼痛症候群