癌性疼痛/癌性腹膜炎

♯癌性疼痛/癌性腹膜炎
・腫瘍そのもの、転移や腹膜播種により生じる痛み
・腹腔神経叢に浸潤、刺激すると背部痛を生じる
・皮膚や骨への浸潤ではそれぞれの痛みも生じる
・鈍痛もあれば疝痛発作もある

治療
・薬物療法(除痛ラダーに従う)
 NSAIDs、アセトアミノフェン、オピオイド
 鎮痛補助薬
・神経ブロック療法
 神経根ブロック、肋間神経ブロック
 高周波熱凝固法
 内臓神経ブロック(破壊)
・放射線療法 
 特に骨転移に有効とされる
・手術療法
 骨転移による骨折や神経圧迫に対し


関連記事

  1. 後頭神経痛

  2. 群発頭痛

  3. 頚椎捻挫

  4. 肋骨骨折

  5. 術後慢性疼痛

  6. 顎関節症