肩関節周囲炎

♯肩関節周囲炎
・肩の疼痛と運動制限を主訴とする症候群
・持続痛、夜間痛、運動障害を特徴とする
・可動域制限も加わり、凍結肩に至ることもある
・広義の五十肩とほぼ同一の解釈
・関節炎、滑液包炎、インピンジメント症候群など

治療
・神経ブロック療法
 肩甲上神経ブロック、関節内注射(ステロイド)
 肩峰下滑液包内注射、上腕二頭筋長頭腱鞘内注射
 腋窩神経ブロック、腕神経叢ブロック
 星状神経節ブロック
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、三環系抗うつ薬
 抗不安薬、オピオイド短期使用
・運動療法
・理学療法
 マニピュレーション、ポジショニング 


関連記事

  1. 頸髄症

  2. 特発性尾骨痛

  3. 当院のブロックや内服薬が効かない場合

  4. 上腕二頭筋長頭腱障害

  5. 腰部脊柱管狭窄症

  6. 腋窩神経麻痺