胸椎椎間板ヘルニア

♯胸椎椎間板ヘルニア
・腰椎の椎体と椎体の間にある椎間板の一部が
 変性、圧により突出した状態
・髄核、線維輪などが突出する
・突出した量や方向により症状が異なる
・神経への直接の圧迫刺激、血流障害、
 異物としての炎症反応惹起などが症状の原因
・腰椎に比べ圧倒的に少ないが、脊柱管が狭いため
 小さなヘルニアでも症状が容易に出現する

治療
・薬物療法(急性期と慢性期で違う)
 NSAIDs、アセトアミノフェン、オピオイド
 プレガバリン、三環系抗うつ薬、抗不安薬
・神経ブロック療法
 硬膜外ブロック、神経根ブロック
 肋間神経ブロック、椎間板内ステロイド注入
・手術療法
・装具療法


関連記事

  1. 上腕三頭筋炎

  2. フォルクマン拘縮

  3. 三叉神経痛

  4. 化膿性脊椎炎

  5. 側頭動脈炎

  6. 群発頭痛