腰椎すべり症

#腰椎すべり症
・腰椎椎弓分離を伴わず、椎体が前後にずれた状態
・脊柱管が狭くなることで症状を生じる
 →脊柱管狭窄症と同じ症状が出る
・椎間板の変性、椎間関節の異常などがずれの原因
・中年以降の女性に多い
・第4腰椎に好発する

治療 
・神経ブロック療法(進行に応じて異なる)
 硬膜外ブロック、仙骨硬膜外ブロック
 神経根ブロック、椎間関節ブロック
 後枝内側枝ブロック(高周波熱凝固)
 腰部交感神経節ブロック
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、プレガバリン
 三環系抗うつ薬、抗不安薬、オピオイド
 筋弛緩薬、循環改善薬
・理学療法
 温熱療法、寒冷療法
・装具療法
・手術療法


関連記事

  1. むちうち関連障害

  2. 頸椎症性神経根症

  3. インピンジメント症候群

  4. 内側側副靭帯損傷

  5. フォルクマン拘縮

  6. 頸椎椎間板ヘルニア

ピックアップ記事

新着記事 おすすめ記事