腰椎椎間板ヘルニア

♯腰椎椎間板ヘルニア
・腰椎の椎体と椎体の間にある椎間板の一部が
 変性、圧により突出した状態
・髄核、線維輪などが突出する
・突出した量や方向により症状が異なる
・神経への直接の圧迫刺激、血流障害、
 異物としての炎症反応惹起などが症状の原因

治療
・保存的加療が原則
・薬物療法(急性期と慢性期で違う)
 NSAIDs、アセトアミノフェン、オピオイド
 プレガバリン、三環系抗うつ薬、抗不安薬
・神経ブロック療法
 硬膜外ブロック、神経根ブロック、硬膜外洗浄
・手術療法
・理学療法
 温熱療法、寒冷療法、牽引療法
・装具療法


関連記事

  1. 胸部変形性脊椎症

  2. 外反母趾

  3. ジャンパー膝

  4. 肋間神経痛

  5. ストレートネック

  6. へバーデン結節/ブシャール結節