腰椎椎間関節症

#腰椎椎間関節症
・腰痛の原因として椎間関節の関与は大きい
・椎間関節ブロックが確定診断に有用
・椎間関節の急性炎症や捻挫で発症するケース
・椎間板の退行変性による関節症性変化のケース
・腰痛、後屈制限、体動時痛、下肢への放散痛

治療
・神経ブロック療法
 椎間関節ブロック、硬膜外ブロック
 後枝内側枝ブロック(高周波熱凝固)
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、プレガバリン
 三環系抗うつ薬、抗不安薬、オピオイド
・理学療法
 温熱療法、ストレッチ、筋力強化


関連記事

  1. 片頭痛

  2. 腕神経叢麻痺

  3. 大腿骨頭壊死

  4. 緑内障

  5. 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

  6. 顔面神経麻痺(ハント症候群)