腰部変形性脊椎症

#腰部変形性脊椎症
・椎間板の変性により脊椎の退行変性が生じる疾患
・椎体辺縁の骨棘形成、骨軟骨の増殖性変化など
・椎間腔が狭小化し上下の椎体が接触することあり
・慢性腰痛の原因になり得る
・椎間関節症を伴うことがある

治療
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、プレガバリン
 三環系抗うつ薬、抗不安薬、オピオイド
・神経ブロック療法
 硬膜外ブロック、トリガーポイント注射
 椎間関節ブロック
 後枝内側枝ブロック(高周波熱凝固)


関連記事

  1. 変形性足関節症

  2. 帯状疱疹後神経痛

  3. 変形性股関節症

  4. 腰椎圧迫骨折

  5. 頸椎手術後症候群

  6. 変形性肩関節症