頸椎後縦靭帯骨化症/黄色靭帯骨化症

#頸椎後縦靭帯骨化症/黄色靭帯骨化症
・靭帯の骨化・増大により脊髄や神経根を圧迫
・頸椎部での発生が多い
・緩徐に進行する上下肢の感覚鈍化、巧緻運動障害
・重症例では完全麻痺
・保存的加療が基本、進行性の場合は手術適応

治療
・神経ブロック
 星状神経節ブロック、腕神経叢ブロック
 頸部神経根ブロック、トリガーポイント注射
・薬物療法
 NSAIDs、筋弛緩薬、循環改善薬
・手術療法


関連記事

  1. 内側側副靭帯損傷

  2. 変形性足関節症

  3. 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

  4. 腰椎椎間板ヘルニア

  5. 外側側副靭帯損傷

  6. 顔面神経麻痺(ハント症候群)