頸椎手術後症候群

♯頸椎手術後症候群
・頸椎の手術後も何らかの疼痛を主とした症状が
 残存した症例の総称
・手術の不成功、術前からの症状の残存や再発
 手術後に生じる新たな症状などが原因
・症状は術前の原疾患によって様々

治療
・神経ブロック療法
 星状神経節ブロック、硬膜外ブロック
 後頭神経ブロック、肩甲上神経ブロック
 トリガーポイント注射、腕神経叢ブロック
 神経根ブロック、頸椎椎間関節ブロック
 後枝内側枝高周波熱凝固法
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、プレガバリン
 オピオイド、三環系抗うつ薬
・理学療法


関連記事

  1. むちうち関連障害

  2. 肩関節周囲炎

  3. 半月板損傷

  4. 緑内障

  5. 化膿性脊椎炎

  6. 変形性肩関節症