頸椎椎間板ヘルニア

#頸椎椎間板ヘルニア
・変性した頸椎椎間板において髄核を含む
 椎間板組織が脱出することにより生じる
・頸部痛、上肢の疼痛、しびれ、筋力低下をきたす
・腰椎と比べると発症年齢は高い
・神経根を圧迫すると神経根症を生じ
 脊髄を圧迫すると頚髄症を生じる
 
治療
・神経ブロック療法
 腕神経叢ブロック、星状神経節ブロック
 硬膜外ブロック(X線透視下)、神経根ブロック
 トリガーポイント注射、椎間板内ステロイド注入
・薬物療法
 NSAIDs、プレガバリン、三環系抗うつ薬
 筋弛緩薬、プロスタグランジン製剤、オピオイド
・理学療法
 筋力強化、ストレッチ、温熱療法
・手術療法


関連記事

  1. 強直性脊椎炎

  2. トロサ-ハント症候群

  3. 胸椎後縦靭帯骨化症

  4. 鼡径部痛症候群

  5. 痛みの治療は日常生活とトレードオフの関係です

  6. 当院のブロックや内服薬が効かない場合