頸髄症

#頸髄症
・加齢による頸椎の退行変性などにより
 頸髄の圧迫が生じ各種の神経症状を生じる
・慢性進行性の疾患、不可逆的変化を残す可能性
・手術後も不定愁訴が残存することがある

治療
・神経ブロック
 星状神経節ブロック、頸部硬膜外ブロック
 肩甲背神経ブロック、トリガーポイント注射
・薬物療法
 NSAIDs、筋弛緩薬、ガバペンチン、プレガバリン
 三環系抗うつ薬、オピオイド
・安静保持
 ソフトカラー、ネックカラー、杖の使用
・手術療法


関連記事

  1. 後頭神経痛

  2. 内側側副靭帯損傷

  3. 坐骨神経痛

  4. 斜頚

  5. 腰椎圧迫骨折

  6. 顎関節症