failed back surgery syndrome(FBSS):脊椎手術不成功症候群

#failed back surgery syndrome(FBSS) 
 直訳:脊椎手術不成功症候群
・腰椎を中心とした脊椎疾患に対し手術をしたが
 成功せず腰痛、下肢痛、しびれなどの症状が残存
 あるいは再発した状態
・心理的影響も関与し集学的治療が必要
・ヘルニアの取り残しや再発、神経根の癒着
 他の部位でのヘルニア発生、脊柱管狭窄の発生
 硬膜外腔の癒着などが病因となる

治療
・神経ブロック療法
 硬膜外ブロック、椎間関節ブロック
 神経根ブロック
・他のインターベンション療法
 エピドラスコピー
 硬膜外カテーテル洗浄療法
 硬膜外通電刺激療法
・薬物療法
 NSAIDs(長期化するため非推奨)、プレガバリン
 三環系抗うつ薬、オピオイド
 アセトアミノフェン(特に高容量)
・認知行動療法


関連記事

  1. 当院のブロックや内服薬が効かない場合

  2. ベーカー嚢胞

  3. 肋間神経痛

  4. 癌性疼痛/癌性腹膜炎

  5. 緊張型頭痛

  6. 頸椎椎間板ヘルニア