フォルクマン拘縮

♯フォルクマン拘縮
・前腕部に虚血(コンパートメント障害)を元に
 生じる拘縮
・コンパートメントの内圧が上昇し神経、筋を障害
・筋萎縮による手の変形や拘縮、神経症状を呈する
・骨折による出血、骨折治療時のギプスによる圧迫
 等が原因

治療
・急性期は筋膜切開、減圧
・理学療法、運動療法
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン
・手術療法


関連記事

  1. 強直性脊椎炎

  2. 外反母趾

  3. 肋間神経痛

  4. 頸椎手術後症候群

  5. 緑内障

  6. 坐骨神経痛