ボトックス®治療(腋窩多汗症)

ボトックス®治療(腋窩多汗症)

ボトックス®とは

ボトックス®はgsk社の商品名(商標登録)であり、一般名称は「ボツリヌス毒素」です。よって、gsk社の製品以外を用いて「ボトックス治療」と表現することは誤りです。gsk社のボトックス®は使用目的が厳格に指定されており、指定以外の用途で使用(取り寄せ)することはできません。

ボツリヌス毒素治療の原理

ボツリヌス毒素を腋窩に皮内注射すると、汗を分泌する汗腺において、神経終末内でのアセチルコリン放出抑制により神経伝達を阻害し、結果として発汗を抑制すると考えらています。神経伝達阻害の効果持続期間は4か月程度とされており、継続的に症状を抑えたい方は4か月を目途に定期的に注射する必要があります。ボツリヌス毒素による効果は可逆的な変化ですので、時間とともに元に戻るのが特徴です。

適応疾患

  • 腋窩多汗症

注意

当院で取り寄せたgsk社のボトックス®を用いてシワ取り、エラ取り、肩痩せなどに流用することはできません。また、gsk社以外のボツリヌス毒素製剤を取り寄せて使用することもありません。ボトックス®は手足の多汗症には適応がありません。

費用

再診料、注射手技料(両側)、薬剤料、他を合わせ、窓口支払は約22,000円(3割負担の場合)となります。絶え間なくコントロールする場合は4か月に1回のペースで行いますので、その都度この費用が必要です。

キャンセルポリシー

ボトックス®は非常に高価な薬剤です。取り寄せ後のキャンセルは当院の経済的損失となります。自己都合によるキャンセルは非常に迷惑ですので固くお断りいたします。迷いのある方などはお申込みにならない様にお願いいたします。自己都合によるキャンセルをされた方のボトックス®治療、および多汗症治療は以後はお断りさせて頂きます。

関連記事

  1. 膝関節腔内穿刺および注射

  2. 近赤外線治療(スーパーライザーPX)

  3. 腰神経叢ブロック

  4. 星状神経節ブロック

  5. 胸部硬膜外ブロック

  6. 肋間神経ブロック