胸椎後縦靭帯骨化症

♯胸椎後縦靭帯骨化症(胸椎OPLL)
・椎弓を後方で連結している後縦靭帯の骨化
・頸椎OPLL、頸椎OPLL、OLFと合併が多い
・胸椎OLFと合併し脊髄を圧迫して障害
・上、中部胸椎に好発
・下肢のしびれ、脱力、歩行困難、膀胱障害

治療
・進行例では手術療法
・軽症、非進行例では神経ブロック療法
 硬膜外ブロック、神経根ブロック
 肋間神経ブロック、トリガーポイント注射
・薬物療法
 プレガバリン、デュロキセチン
 NSAIDs、アセトアミノフェン、オピオイド
・装具療法


関連記事

  1. 腰椎椎間板ヘルニア

  2. 当院のブロックや内服薬が効かない場合

  3. 股関節周囲炎

  4. 強直性脊椎炎

  5. 痛みの治療は日常生活とトレードオフの関係です

  6. 腰部変形性脊椎症