星状神経節ブロック

星状神経節ブロック

治療法概要

頚部の星状神経節という交感神経幹の中継地点に局所麻酔することで、頭部や頚部、顔面、上肢の痛みなど症状を緩和する治療です。 当院ではエコーガイド下にブロック針を刺入します。 頚部の星状神経節に局所麻酔薬を注射すると、交感神経が一時的に遮断され、相対的に副交感神経が優位になります。その結果、頭、首、肩、上肢の一部の緊張が取れ、血流が良くなります。通常は直後から温かみを感じ、頭痛や、首の痛み、肩の痛みなど軽減することが多いです。単回で完了する治療ではないため、一定の期間に数回行うことが標準的な考え方です。

方法

  1. まず一度エコーで交感神経幹や神経根、周囲の血管を確認します(プレスキャン)。
  2. 刺入部位を決定した後に皮膚を消毒します。
  3. エコーを当てた状態でブロック針を刺入します。刺入部の皮膚にそのまま少量の局所麻酔薬を注入した後に針を進めます。
  4. 針の通り道は一般的に大きな痛みを感じることはありません。
  5. 星状神経節(交感神経幹)そのものを刺さない位置で針を止め薬液を注入します。その後は直ちに針を抜いて終了です。

適応疾患例

    • 片頭痛
    • 緊張型頭痛
    • 群発頭痛
    • 側頭動脈炎
    • その他の頭痛症
    • 線維筋痛症
    • 肩こり
    • 頚肩腕症候群
    • 胸郭出口症候群等
    • 帯状疱疹後神経痛
    • CRPS、ASO、レイノー症状など
    • 頸椎症性神経根症
    • 頸椎椎間板ヘルニア
    • 脊柱管狭窄症
    • 頸椎後縦靭帯骨化症
    • 頸椎黄色靭帯骨化症
    • 頸椎手術後症候群
    • 頚椎捻挫
    • むち打ち関連障害
    • 手掌・腋窩多汗症

関連記事

  1. ボトックス®治療(腋窩多汗症)

  2. 腕神経叢ブロック

  3. 頚部神経根ブロック

  4. 肋間神経ブロック

  5. 肩峰下滑液包内注射

  6. 膝関節腔内穿刺および注射