腰部脊柱管狭窄症

♯腰部脊柱管狭窄症
・脊柱管狭窄症の完全に合意された定義はない
・脊柱管、神経根管、椎間孔の狭窄状態
・脊髄神経、馬尾、神経根が圧迫され症状を生じる
・障害される部位により型の分類がある
・神経性間欠性跛行が特徴的
(歩行時に次第に症状が増悪し、休息すると改善)
・腰痛、下肢痛、しびれ感、冷え

治療
・神経ブロック療法
 神経根ブロック、硬膜外ブロック
 腰神経叢ブロック、椎間関節ブロック
 他のインターベンション療法
・薬物療法
 NSAIDs、アセトアミノフェン、オピオイド
 プロスタグランジン製剤、抗てんかん薬
 抗不安薬、三環系抗うつ薬、筋弛緩薬
・理学療法
 温熱療法
・手術療法


関連記事

  1. 手根管症候群

  2. 腕神経叢麻痺

  3. 顔面神経麻痺(ハント症候群)

  4. 治療法別適応疾患ガイド

  5. ストレートネック

  6. failed back surgery syndrome(F…